起業

【起業】起業家必見!?資金調達時におけるエンジェル投資家の活用法

起業家の資金調達

起業家の貴方は、初期費用・当座の運転資金をどうやって確保しますか?

起業の敷居が下がってきている昨今、初期費用や当座の運転資金を確保するために
奔走している起業家は少なくないと思います。

今回は、当社の起業時経験や、他社のスタートアップ事例をもとに、
資金調達のやり方の1つである、エンジェル投資家の活用法についてお伝えします。

 

資金調達は出来るだけしない

いきなり、全否定ですみません(笑)
何をお伝えしたいかというと、テストマーケティングが終わってさあやるぞ!という状態で、
いきなり資本投入を全力で行わない、ということです。

やはり、テストマーケティングだけでは、手がける新規事業が上手くいくかどうかは
わかりません。まして、顧客獲得や販促活動は、必ずと言ってよいほど計画通りに
行くはずがないのです。

ということは、資本投下(自己資金+借入金など)をできるだけ抑えて、
利益の拡大を最優先にしたほうが後々軌道修正が行いやすくなります。

起業家は、投資の基本である”リスクは分散する”ということに
忠実であったほうがよいです。

資金調達はできるだけしない

エンジェル投資家を説得する

ここからは完全に持論ですが、エンジェル投資家をできるだけ活用します。
これには深い理由がありまして、エンジェル投資家を動かせられないビジネスモデルは、
必ずスタートアップ時にどこかで失敗します。

エンジェル投資家といっても、お金に関してはエンジェルではありません(笑)
むしろ相撲解説のデーモン閣下以上に、シビアに資金計画・事業計画を見る人が多いです。

ですから、テストマーケティングを行って、ある程度の結果が出たら、
投資家を動かす下地として、エンジェル投資家を動かせるだけの事業計画を考えたほうが、
スタートアップ後にうまくいくことが多いです。

エンジェル投資家を説得

投資される以上、常に見返りを意識する

当たり前の話ですが、友達にお金を貸し借りするわけではないです。
投資された以上、必ず見返りを考慮する必要があります。

見返りをPayできる自信がないのであれば、ここは潔く引き下がりましょう。
自己資金でうまくやりくりできれば、誰にも迷惑をかけずに済みます。

エンジェル投資家を活用する場合は見返りの意識を

エンジェル投資家の探し方

エンジェル投資家を探すのは容易ではありません。
UCK創業時は以下のエンジェル投資家を探しました。

  • 創業者の友人
  • エンジェル投資家マッチングサイト
  • 異種業交流会

個人的な見解ですが、友人からお金を借りたり用立てするのはやめたほうが良いです。
人間の信頼関係が壊れてしまうのもそうですが、原則として起業は失敗する前提で、
資金繰りをしておいたほうが良いです。

また、異種業交流会は、名刺交換の場ではありますが、ほとんど貴方のことを知らない人ばかりですし、
人脈を築くのが目的で来ている人が多いため、あまり期待できません。

となると、残りはエンジェル投資家のマッチングですが、以下のサイトが有望です。

  1. グッドエンジェル
  2. 資金調達マッチング
  3. ビジネスマッチング

エンジェル投資家

いかがでしたでしょうか?
戦国時代は、「飯がなくては戦ができぬ」でしたが、
現代では、「資金がなくては事業ができぬ」です。

起業家を目指す皆さま、ぜひあらゆる資金調達方法を駆使して
自分の事業を成功させてくださいね♪