マーケティング

【マーケティング】アジアNo.1のマーケティング会社に弟子入り?!


熱戦が続いたWBC、日本は準決勝でアメリカに負けちゃいましたねー。

午前中に試合が行われたのですが、
ハラハラして仕事に身が入らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私もそのクチです(笑)

ここまで厳しい戦いを勝ち抜いてきた小久保監督をはじめ、
日本の選手には尊敬の念を持ちまして、激闘をねぎらいたいと思います。

ところで、この度アジアNo.1のeコマースマーケティング会社である、
eONENetさんにお邪魔してきました。

 

eONENetさんは、中国・香港・シンガポール・マレーシアを中心に、
インターネットマーケティングのコンサルティング、コーチングを
行っている会社です。

実は、弊社のKL拠点から目と鼻の先に、マレーシアオフィスがありました。

 

オフィスは、Kuala LumpurのBangser駅直結のオフィスビル内にあります。
この界隈は、メチャクチャきれいで、
LRT(所謂地下鉄みたいなもの)もKL中心街まで走っておりますので、
交通の便もよいです。

オフィスに入るといきなり飛び込んできたのが、壁に入っているチラシ。

 

よく見ると・・・?

 

あれ、紗栄子じゃね?
しかも「すごい水素」って・・・。

そう、我々日本人が想像する以上に、日本語は海外でも目にすることが多いです。
特に、日本製品は我々日本人の想像以上に製品に対する信頼度が高く、
認知さえされれば非常に売りやすい商材と言えます。
現に、この会社にもSK-Ⅱのスキンケア商品のサンプル品が置いてました。

そして・・・、


左の女性の方が、CEOのFione Tanさん、右の男性の方がDirector&Chief Consultantである、
Harrace Lauさんです(ちなみに真ん中は、私Johnneyです)

来月から、彼らに現地、とりわけ東南アジアのマーケティング手法について、
直接学ばせていただこうと考えております。

日本では得られないようなマーケティング手法、情報がありそうなので、
今からでもワクワクが止まりません。

日本のマーケッターの方に有益な情報を得られ次第、
フィードバックしていきますので、ぜひご期待ください♪