IT技術

【IT技術】自社インフラをよりスリムに!AWSの活用法

AWS

貴方は、AWSを本当にご存知ですか?

またまた、久しぶりの投稿です。

6月は、とある事情があってなかなか更新できませんでした。
と、いうのも、実は当社のIT基盤をすべてAWS(Amazon Web Service)に移行するプロジェクトを推進していたのです(^^;)
そこで得たノウハウ・知見を徐々に皆様にお伝えできればと思います。

というわけで。そろそろ本気出しますよ(笑)

今回は、AWSの技術編第1弾。AWSへの活用法についてお伝えします♪

AWSとは?

AWS(Amazon Web Service)とは、文字通りAmazonがWEBを介して提供するクラウドサービスです。

AWS

ざっくりいうと、必要なITインフラの大半を、AWS上で実現することが可能です。
例えば・・・

  • 自社のHPを管理するレンタルサーバーを借りたい!
  • 画像や動画を独自に配信したいが、レンタルサーバーだと容量が足りない!
  • 自社でWEBサービスを展開しているけど、将来性を考えて拡張可能な構成にしたい!
  • よくわからないけど自分でサーバーを運用したい!
  • アジア圏だけでなく、アメリカやヨーロッパにもサーバーを建てて、多言語システムを展開したい!
  • SSL証明書をタダで導入したい!

ほかにも様々なことができますが、代表的な要望は上記のような感じでしょうか。

実は、当社は2016年5月まで、Microsoft Azureという、AWSとは別のクラウドサービスを利用してきました。
Microsoft Azureとは、AWSと同じようにMicrosoftが展開しているクラウドサービスです。

ですが、当社は費用面やスペックをかんがみて、今年6月頭にAzureからAWSに移行しました。

なぜ、AWSなのか?

Cloud

最近のクラウドと、AWSの強み

最近では、クラウドサーバーサービス(IaaS)は、大きく分けて以下の2強が主流になってきました。

  • AWS
  • Microsoft Azure

当然ほかにもGoogleや他のベンダーも似たようなサービスを出してきておりますが、
価格や性能面からみると、この2つのサービスが圧倒的に強いです。

今回は、当社の知見を踏まえて、AWSとAzureを比較してみました。

AWS(Amazon Web Service)Microsoft Azure
提供元AmazonMicrosoft
データセンター所在地世界で10か所。

米国(西海岸・中部・東海岸)・日本(東日本)・アイルランド・ドイツ・シンガポール・シドニー・ソウル・ブラジル

世界で24か所。※さらに8か所追加予定(ドイツなど)

米国(西海岸・中部・東海岸)・日本(東日本、西日本)・アイルランド・オランダ・香港・シンガポール・ブラジル・オーストラリア・インド・中国・カナダ・

利用可能なオプションサービス多い(SES、S3など)少ない
Auto Recovery機能あり(EC2 Auto Recovery)あり
スペックの種類細かいスペックごとに細分化スペックの種類は少なめ
費用格安(12か月間の無料枠あり)やや高い
この表をご覧いただくとお分かりの通り、Microsoft Azureは、全世界にデータセンターがあるため、
よりグローバル展開している企業には適しやすいと思います。

ですが、最低限のスペックでそこそこの費用が掛かるため、AWSを比較してもより多くの費用が掛かります。
その点、AWSはスペックの種類が細かく、自社に適したクラウド環境を構築しやすいのが利点といえます。

あと大きいのが、

AWSは1年間の無料枠がある!

ということです。

東南アジアや日本向けに公開するWEBサービスは、
場合によってはAWSで構築した方がオトクかもしれません。

Cloud2

AWSを最大限に活用する方法

AWSが比較的オトクなのはご理解いただけたかと思いますが、
ではどのように活用するのがよいのか?自社の例をいくつか上げたいと思います。

  1. 海外向けサイトをホスティングするサーバー構築
  2. 遠隔地にデータバックアップするためのサーバー構築
  3. セールやキャンペーン等、大量のトラフィックを処理する必要があるシステムの構築

1や2のケースは、AWSやAzureが最も得意とするサービス分野の1つですね。
特に2に関しては、格安のAmazonストレージサービス(Amazon S3)がありますので、
データのバックアップや保全に対するコストを抑えることができます。

また、3に関しても、AzureやAWSにはロードバランサ―機能があります。

さらに、AWSに関しては自動でスケールアップを行う仕組みを構築できます。
例えば、ある一定の処理量に達したら、サーバーを数台追加する
などのオペレーションを自動化できるのです。

Cloud3

いかがでしょうか?

弊社は、AWSを使ったシステム構築も得意としております。
ご相談は無料で承りますので、お気軽にお申し出ください。